33歳女性はもう遅い?まだまだ大丈夫?
婚活で成功率を上げるポイントや注意点を解説

婚活の年齢については、多くの人がリミットを決めています。
33歳・35歳・37歳など、一定の年齢を限界とする説は、婚活に参加している人の中でよく聞かれます。

とりわけ女性は、年齢が1つ上がるだけでも結婚には不利に働くことが多いものです。
そのため、あと何年で結婚しなければならないと自分のハードルを上げたり、自分には無理だとあきらめてしまったりすることは珍しくありません。

しかし、33歳という年齢は、婚活においてそこまでハンデになるような年齢ではありません。
確かに、20代と比較すると不利な一面はあるものの、33歳を過ぎたから結婚できないと考える必要はありません。

今回は、33歳女性が婚活市場において成功率を上げるためのポイントについてご紹介します。

33歳女性に男性が求めるものを理解する

結婚相手を見つける前に、まずは33歳女性に対して男性が何を求めているのかについて理解しましょう。
中にはかなりシビアな要件もありますが、あくまでも男性側の理想として、頭に入れておけば問題ありません。

出産のタイミング

女性が子どもを出産する場合、どうしても年齢というファクターは避けて通れません。
医学的に「高齢出産」とみなされるのは35歳以上からで、結婚する男性側としても、子どもを産む女性側としても、できるだけ避けたいところです。

よって、交際を始めて結婚するまでに1年かかり、それから妊娠・出産という流れに1年かかるものと仮定すると、33歳がひとつのタイムリミットになります。
結婚したら子どもが欲しいと考えている男性は少なくありませんから、出産適齢期の観点からも、婚活を早めにスタートさせたいところです。

20代にはない人間的魅力

33歳女性と20代の女性とでは、良くも悪くも社会経験の有無が問われます。
特に、20代にはない人間的魅力を男性も求める傾向にあるため、20代と同じ流れで結婚相手を見つけることは難しいでしょう。
言い換えれば、男性に求められるためには、ある程度自分を磨かなければなりません。

外見や内面について、20代の頃を引きずった30代と20代とを比較したとき、当然20代を男性は選ぶはずです。
シビアな判断かもしれませんが、同じスペックで年齢だけが違うなら、おそらく女性も同じような相手を選ぶことでしょう。

33歳女性ならではの魅力とは何なのか、自分自身をプロデュースする心構えが大切です。

自分が年上でも大丈夫という余裕

年齢が30代になると、必然的に交際相手が年下になることも十分ありえます。
そのため、仮に自分が男性よりも年上だったとしても、交際に影響を及ぼさない余裕を持つことが大切です。

スタートとして、若さ・美しさを保つ努力が必要です。
30代女性は、20代女性にはない「経験」という魅力があります。
経済力が身に付いたことで、美容への投資もできるようになります。

次に、相手が誰であっても物おじしない会話術を身に付けましょう。
できるだけ日ごろから多くの人とコミュニケーションを取ることを心がけ、男性とどう話せば楽しんでもらえるのかを意識することが大切です。

年下の世代と接する際に注意したいのは、極力「オバさん」扱いされないような行動を心がけることです。
しぐさや言葉遣いに年齢は現れるため、年齢を問わずコミュニケーションを取ることを意識してください。
ファッションに関しては、そこまで若々しいコーディネートを意識する必要はありませんが、さりげなく流行をとらえることが大切です。

若々しさを維持するための努力は、将来にわたって自分を支えてくれることでしょう。

33歳女性が婚活に臨む際に妥協すること・しないこと

婚活において、誰しも33歳という年齢は無視できません。
相手に選んでもらうことを考える以上、年齢をハンデにしないため、ある程度の妥協を検討する必要があるでしょう。

とはいえ、何でも相手の言う通り決めるのもまた問題ですから、自分が妥協できること、妥協できないことをあらかじめ決めておくことが肝心です。

絶対に妥協できない条件を決める

結婚する際にもっとも大事なことは、相手に対して絶対に妥協できない条件を決めることです。
「絶対に」と言う以上は、これを侵されると一緒にはいられないという条件を決める必要があります。

条件を突き詰めて考えてみると、やはり「人間として好きになれるかどうか」と言えるかもしれません。
結婚は現実であり、愛情の伴わない結婚は、将来に支障をきたす可能性が高いからです。

お互いを知らない状況であれば、ギャンブルやタバコ・お酒など、趣味・嗜好品の好き嫌いなどを判断基準にしてもよいでしょう。
趣味や嗜好は、その人がどのような生活をしているのかを端的に示しますし、あまりに価値観が離れている人と一緒にいるのは誰しもつらいものです。

目に見える評価点は、交際前からあまり決め込まない

絶対にゆずれない条件を決めた後は、それ以外の点については柔軟に対応することを忘れないようにしましょう。
これは、自分に対する保険でもあり、大目に見る分相手にも大目に見てもらえると考えるとよいかもしれません。

そもそも相手に妥協する時点で、結婚相手を下に見る、あるいは条件だけで結婚相手を判断しているのと同じです。
そのため、時間の経過に伴い失われるかもしれない条件については、いったん脇に置いて相手を選んでください。

外見は必ず崩れるものですし、職業や年収には将来の保証は含まれていません。
今は健康体であったとしても、病気や事故のリスクは誰しも持ち合わせています。

人生、一寸先は闇であることを理解し、その闇をともに照らせる人を探すには、あまり条件にこだわらない方がよいでしょう。

どうしても迷いが生じるなら、優先順位を決めること

極力条件に振り回されず、その人と一緒にいて幸せになれそうかどうかを、婚活のわずかな時間で見極めるのは難しいと思います。
そこで、どうしても条件面で迷いが生じてしまうなら、その優先順位を決めることをおすすめします。

具体的には、条件の中でも年収に重きをおくのか、勤めている会社の事業規模はどうか、自分の仕事に理解があるかなど、色々な条件が想定できます。
自分が決めた優先順位で納得のいく結果が出たら、あとはブレずに相手と付き合うと覚悟を決めてください。

これができずに相手を選り好みしていると、最終的に自分が選ばれない立場になり、婚活市場で売れ残ってしまう可能性もあります。
将来的に自分が不利になる前に、相手をしっかり見極めておくことが大切です。

33歳女性が男性にチェックされるポイント

続いては、33歳女性を男性がチェックする場合、どういった点を見ているのかについて考えてみましょう。
誰もが同じ点をチェックするとは言い切れないものの、20代を引きずらない、年齢に沿った振る舞いかどうかは見られているものと考えておきましょう。

言葉遣いと仕草

言葉遣いと仕草は、最初に出会った段階で見られます。
ただオシャレをするだけでは、その場を取り繕うことはできたとしても、なかなか次にはつながりません。
言葉遣いはその人の地が出てしまうものですから、やはり意識して上品な言葉を選ぶよう心掛けたいものです。

仕草において大事なことは「笑顔」です。
最初から完璧な笑顔で相対するのは、サービス業以外では難しいかもしれません。
だからこそ、笑顔で挨拶するよう心掛けるだけでも、相手に対する印象は違います。

しかし、いくら笑顔が好印象だといっても、口を開けて大声で笑うようなことは控えたいもの。
品性を失わないことは意識してくださいね。

ブランド品

婚活にブランド品のバッグを持って行く人を見かけますが、これはあまり男性の目から見ると好ましくありません。
全ての女性がそうだとは限りませんが、多くの男性は「ブランド品を持っている女性は浪費癖がある」と考える傾向にあります。

また、ブランドものばかり身に付けている状況は、はた目から見ても良い印象を与えません。
どんなにそのブランドが好きだったとしても、マイナスイメージを与えるようなコーディネートは避けるべきです。

愚痴

初対面の段階ではさすがにないと思いますが、交際が始まってからトークの半分が愚痴になってしまっている女性もいます。
どんなに容姿が良く、気遣いができたとしても、私の話を聞いて欲しいという態度を表に出すような人は敬遠されます。

また、そのような女性は、将来的に交際相手にも自分の価値観を押し付ける可能性があると判断されます。
人によっては「愚痴だと思っていなかった」ことであっても、男性側が愚痴と判断することは珍しくありませんから、話すテーマには注意が必要です。

仕事の話をする場合、同業種・同職種であれば「あるある」で片づけられることもあります。
しかし、まったく違うフィールドの話や人間関係をされたとしても、男性は戸惑うだけです。

女性同士であれば、お互いが愚痴を言い合い話した内容を覚えていないというケースもありますが、男性はその一つひとつに対して真剣に考え、解決策を提示しようとします。
仮に「共感してくれるだけでいい」と断った上で話をしたとしても、付き合わされる側にとってはつらい時間です。

共感を男性に求めることは決して悪いことではありませんが、過度に期待するのも問題です。
33歳という年齢は、一般的に男性との適切な距離感を知っているものとされる年齢でもありますから、男性と女性の違いを理解した会話を心がけたいものです。

女性の「かわいい」

オシャレの面で言えることですが、女性同士の「かわいい」は、男性に理解されないものと考えるのが賢明です。
多くの男性は、スマホのデコレーションやネイル・可愛らしいアクセサリーに興味を示しません。

自分の趣味の範囲で楽しむなら問題ありませんが、婚活に趣味を持ち込むのは控えましょう。
結果的に自己満足と判断される可能性もありますから、注意が必要です。

結婚相手を探す環境にも注意する

33歳の女性が結婚相手を探す場合、どんな環境で婚活を進めるのかも重要になってきます。
年齢に応じた環境を探すことが大切ですから、33歳女性に有利な環境・不利な環境があることを知っておきましょう。

合コンや街コンは不利に働く傾向がある

合コンや街コンは、気軽に参加できる点が利点となります。
参加者が多いことから、不特定多数と出会えるという意味ではメリットの大きい出会いの場です。

しかし、どちらかというと20代向けのイベントが多く、33歳という年齢から考えると子供じみたイベントに感じられるかもしれません。
また、選ぶパイが多いことはメリットになる反面、自分もまた選ばれにくくなるリスクにもなります。

これは女性が男性を選ぶ際にも言えることですが、同じスペックで年齢が違うだけなら、男性は若い方にアプローチをかけます。
参加者の最低年齢が高めなど、年齢の面で自分が不利にならない環境を選ぶことが、成功率を上げるポイントです。

相手を真剣に探すなら結婚相談所で活動する

33歳という年齢で結婚相手を探す場合、やはり本気の相手を探したいと思うはずです。
結婚に対する熱量が大きい場合は、結婚相談所で活動した方が、納得のいく結果につながりやすいでしょう。

入会する段階で必要書類の提出を求められますし、身元もしっかりした人が集まっている環境ですから、相手を探す時間をその分短縮できます。
結婚相談所が主催するイベントやセミナーも豊富ですから、婚活カウンセラーなど頼りになる人のアドバイスを受けながら婚活を進めたい人にはおすすめです。

地元の縁も軽視してはいけない

結婚相手を見つける場合、全方位にアンテナを張ることが大切です。
自分の価値観は年齢に応じて変わるため、例えば地元の友達など、昔の付き合いの中から交際相手が見つかる可能性も十分あります。

同窓会に参加した場合、学生時代の自分と今の自分とでは、大きく考え方が変わっていることに気づかされるはずです。
かつて交際していた人と幼さから別れてしまったのなら、もう一度よく話し合うことで関係が改善されるかもしれません。

「袖すり合うも多生の縁」という言葉があるように、どんな出会いが良縁に発展するかは分かりません。
かつての地元の縁も含め、出会いを大切にする心構えが大切です。

副管理人からのメッセージ

以上、33歳女性が婚活で成功率を上げるためのポイントをご紹介してきました。

33歳という年齢は、婚活をあきらめるにはまだまだ早いものの、ゆったり構えているとあっという間に不利になっていきます。
置かれた環境を理解しつつ、自分にしか演出できない魅力を磨き、20代を引きずらないような振る舞いを心がけてくださいね。

婚活するならこの結婚相談所が最適解

この記事を読んだ人におすすめの記事

No Image

気分は修学旅行?ツアー型婚活パーティーのメリット・デメリットとは
中学校や高校で経験する修学旅行。 楽しい時間を友だちと過ごした後、夜には異性のクラスメイトの部屋に遊びに行こうと試みた方もいるのではないでしょうか。 さすがに大人になってからこのよ ...

No Image

結婚相談所でお相手を選ぶとき、学歴は気にする?それとも気にしない?
結婚相談所には、たくさんの会員が入会しています。 入会している一人ひとりの情報全てに目を通すのは難しいため、誰もが何らかのフィルターを使って、自分に合った条件の人を選んでいきます。 ...

No Image

シャイな人に朗報!1対1型の婚活パーティーで話せる人になる方法
婚活パーティーの中には、男性と女性とが1対1で話せる環境をあらかじめ整えているものも増えてきています。 気になる相手を見つけたときに距離を縮められるパーティー形式として、注目を集め ...

No Image

愛があれば年の差なんて!?婚活で男女の年齢差はどこまで許されるのか
テレビ番組のタイトルにもなった「愛があれば年の差なんて」というフレーズですが、婚活の現場においては年齢差がある程度重要視されています。 一般的に男性は自分よりも若い女性を選ぶ傾向に ...

No Image

アラサー、アラフォーの婚活疲れの現状や原因とその対策について
婚活を実際に始めてみると、あれよあれよという間に結婚相手が見つかる人もいれば、なかなか思ったように相手を見つけられないという人もいます。 特に、アラサー・アラフォーとなると、年齢を ...


Page Top