理想を追いすぎずに現実を見よう!
婚活での40代男性の価値と40代だからできる戦い方

現実を見よ!婚活における40代男性の価値と、40代男性だからこそできる戦い方

40代男性は、仕事の面では経済的な余裕が生まれてくる反面、忙しくなるにつれて結婚から縁遠くなってしまうケースも増えてきます。
婚活を意識した段階で、気が付いたら非常に不利な状況からのスタートになってしまうことも珍しくありません。

というのも、女性の側から見た「婚活における40代男性のレーダーチャート」は、仮に年収などのスペックが高くても、それ以外が圧倒的に低く評価されていることが多いのです。
また、多くの女性が先入観を抱いているため、なかなか踏み込んだ話に進まないケースもあります。

しかし、40代で無事結婚を勝ち取った人も少なからず存在するため、決してあきらめてはいけません。
今回は、婚活における40代男性の価値を踏まえた上で、40代男性だからこそできる婚活の戦い方をご紹介します。

婚活で40代男性を待ち受ける厳しい現実

男性は、相対的に年下の女性と結婚する例が多いものです。
しかし、実際には年上と言っても極端な年齢差になることは稀です。

株式会社パートナーエージェントのアンケートによると、3~5歳程度の年上なら許容できると話した女性は、全体の55.5%となっています。
しかし、11歳以上の年の差になると5.9%にまで落ち込むことから、一回り近く年齢が離れてしまうと、女性は不安を感じてしまう傾向にあることが分かります。

そのため、どうしても女性は40代男性をシビアな目で見てしまうのです。

経済的なスペックと反比例する人間的なスペック

30代という働き盛りの年代を終えて、多くの男性は役職などに就いて部下をマネジメントする立場になります。
すると、必然的に給与・手当もそれ相応の額になり、経済的な面でゆとりができ、仕事の面でも部下に任せられる仕事が増えて多少の余裕が生まれます。

そこで、仕事ばかりに精を出していた人たちが、そろそろ結婚を考えようか……となるわけですが、女性はそのような男性の経緯を知りません。
40代にもなっているのだから、女性との交際経験くらいあるだろうし、これくらいのエチケットは分かって当然、という考え方をします。

しかし、恋愛などを特段意識しないまま仕事に打ち込んできた男性にとっては、女性と交際するための本当に基本的なことさえ知る機会がないケースも少なくありません。
よって、多くの女性はそんな40代男性を敬遠し、経済的にゆとりがあれば大丈夫だと考える男性側の出鼻はくじかれるのです。

自己評価の高さと反比例する女性の低い評価

一概には言えませんが、40代男性の大きな武器の一つは、先にお伝えした通り「経済力」です。
男は何と言っても生活力だろう、と考えている男性は婚活市場で多いわけですが、それでもハイクラスと呼ばれる年収600万円を超える男性は少数派です。

とはいえ、20~30代と比較すれば、決して低い年収ではない男性が40代には多いものです。
また、仕事の忙しさからお金を使う時間がなく、効果的な使い方も分からないというケースも見られます。

人の器は、お金を貯めるだけでなく、どのように使うかにも表れます。
女性の多くは、男性に一定のコミュニケーション能力を求めていますし、自分が「経験できていないこと」を提供できる人に興味を示します。

具体的には、年齢相応の大人びたデートスポットにエスコートしたり、心が弾む面白いトークをこなしたり、女性に気を遣わせずスマートにお金を支払ったりするスタンスが好まれるのです。
しかし、婚活に参加する恋愛経験に乏しい40代男性は、初対面でいきなりお金の話をしたり、初デートでチェーン店をメインのデートスポットに選んだり、挙句の果てには支払いを消費税単位で割り勘にしたりと、およそ女性の理想から外れた行動を平気でします。

女性は、相手がどれだけ自分のことを想っているのか、態度や行動で示して欲しいと考えています。
上記のような行動は、女性に対して今後の不安感をあおる結果につながりますし、やや陳腐な言い方をすれば「愛がない」と女性側が感じても不思議ではありません。

せっかく仕事で実績を出していても、年収が高くても、自己評価が高くても、女性の心がつかめなければ婚活は失敗です。
結婚詐欺に騙されているわけではないのですから、きちんと女性に敬意を払いつつ、年上としての威厳を見せたいものです。

とどのつまり、女性は「ただのおじさん」とは結婚できないと思っている

ひょっとしたら、40代男性の中には「どうして交際するかどうかも分からない女性のために、全額お金を支払わなければならないんだ」と疑問に思う人もいるかもしれません。
しかし、会社の部下とのやり取りならともかく、あなたがこれから残りの人生を共にすることを考えている相手に対するやり取りだと考えると、やはりそれは不適切な考え方です。

デートで「割り勘でいいよね」と話すということは、女性側に「この人は私と一緒に暮らす覚悟はない」と判断させるに十分な理由になります。
信頼関係ができて、お互いに気兼ねなくお金の話ができるようになったならまだしも、初回のデートで割り勘するのは女性のニーズを満たしません。

40代男性を遠目に見ると、一言で片づければ「ただのおじさん」です。
どんなに仕事ができても、どんなに年収があっても、あなたが女性にとって信頼するに値する存在でなければ、結局あなたはおじさんという評価のままです。

男性側にとっては単なる支払いの話でも、女性はその先に自分の未来を見つめていることを忘れないようにしたいものです。

40代男性に付いて回る厳しい目線

婚活市場では、もう40代なのにそれは許せない、と女性が考えるケースがよく見られます。
中には単純に偏見から来るものと思われる判断基準もありますが、現実としてそのような目線で40代男性を見る女性は多いものです。

以下に、女性が考える40代男性の判断基準として、代表的なものをいくつかご紹介します。

マザコンかどうか

男性が実家暮らしを40代になっても続けているのは、女性の側から見ると奇異に感じられます。
特に、身の回りの世話を母親にしてもらっていることが分かると、途端に抵抗が生まれるものです。

女性は、そんな男性の背景を具体的にイメージする能力に長けています。
将来同居するのか・母親の味付けに慣れる必要があるのかなど、日々の生活に何らかの制限がかかることを想像してしまうのです。

これは女性の側の想像力に起因する話であるため、一概に全ての男性に当てはまる話ではありません。
しかし、交際中に女性の不安を払しょくできる理由がなければ、結婚相手を見つけることは難しいでしょう。

性格に問題があるかどうか

現在独身の40代男性は、そもそもどうして今まで交際しようとしなかったのかと勘繰られます。
また、夜のお店で頻繁に遊んでいて交際相手がいないという場合は、まともな交際ができないくらい性格が歪んでいるのではないかと思われるおそれがあります。

キャバクラ・スナック・クラブなど、仕事上の付き合いで行ったところから関係が始まり、個人的に通うようになると、スタッフも「この人は独身だからお金はあるだろう」と踏んで、丁寧な接客をするでしょう。
すると、それを「モテている」と勘違いする男性も出てきます。

こうして、自称40代のモテ男が誕生してしまうというわけです。

本人に悪気はない場合も往々にして存在しますし、一口に性格が悪いと片づけてしまうのは乱暴な気もしますが、これも婚活市場では「あるある」の一つとなっているようです。

心当たりのある方は、セミナーなどに参加して、一度女性との付き合い方を一から学ぶことをおすすめします。

不潔かどうか

美魔女ブームのように、女性はいくつになっても美しくありたいと、自分を磨くことに余念がありません。
しかし、男性の場合はそのエネルギーを仕事に向けることが多く、見た目に無頓着になってしまうケースは珍しくありません。

見た目と言っても、身長は先天的なものですから仕方ありませんし、髪の薄さも個人差が大きい部分です。
また、髪の薄さは必ずしもそれだけで不利になるとは限らず、きちんと髪の手入れをこまめにしていれば気にしないという女性は多いものです。

それでは何が問題になるのかと言えば、以下のようなものが挙げられます。

  • ニオイ(口臭や加齢臭など)
  • ファッション(いかにもおじさん臭いコーディネート)
  • 体形(たるみや太り方によっては大きく評価が下がる)
  • 歯(意外と黄ばみを気にしない人が多い)

上記全てをケアしようとしても、難しい部分はあるかもしれません。
しかし、仮に20代女性を結婚相手に選ぼうと思っているなら、一定の水準をキープしておかないと、まず相手にされないと考えてよいでしょう。

もちろん、同年代・30代でも同様で、多少許容してくれる部分はあっても、それなりに厳しい目で見られることは想定しておきたいところです。

会話のセンスがあるかどうか

男性は、女性と比較して一方通行の会話に終始する傾向があるようです。
特に、社会的に自立している40代男性は、女性に対して良かれと思って自分の実績をアピールします。

スキル・学歴・筋肉・お店・車・時計など、自慢できるものを挙げていったらキリがありません。
しかし、女性はあなたの自慢を延々と聞いていても、あなたのことはよく分からないでしょうし、どちらかというと自分のことを話したいはずです。

相手から聞かれたならまだしも、自分から話し出して止まらなくなるようであれば、交際の発展は難しいかもしれません。

また、40代男性は、生活の面で自分の中に正解が出来上がっている人が多いようです。
そのような傾向を持つ人は、ビールは好きだが日本酒は苦手、LINEなんて面倒臭い、混んでいるところにわざわざ並んで行きたくない、といったように、自分の価値観に合わないものを事前にシャットアウトするようなトークを展開します。

こういったトークを「シャッタートーク」と言い、相手を引かせてしまう(次に何を話せばいいか分からなくする)ため、女性側は話していて面白くないと感じてしまうのです。

バツイチかどうか

40代男性でバツイチの人は、過去に女性と暮らしていたことになります。
事情はどうあれ、少なくとも誰かの心を射止めるだけの能力は備えているものと女性は考えます。

具体的には、相手への配慮・気配りをきちんとできる人で、過去の結婚から学んだことを活かしてくれるのではないかと、独身女性はバツイチ男性に期待します。
よって、バツイチの場合は例外的に有利に働く場合があるようです。

40代男性が、婚活を成功させるための戦い方

女性側が40代男性を判断する基準が見えてきたところで、ここからは実際に成婚するために必要な戦い方をご紹介します。
若い年代と比較して、圧倒的に不利であることを理解しつつも、あきらめずにチャレンジすることが大切です。

「ダメでもともと」の精神で経験を積む

「40代で女性と交際したことがない」人は、できる限りその事実を受け入れ、女性から何かを学ぶつもりで婚活に取り組みましょう。
人間誰しも、未経験のジャンルはあって当たり前です。

交際をうまく進めるために必要な知識を仕入れ、デートを積み重ね、どう話せば女性が自分に興味を示してくれるのかを学ぶという過程は、成婚に必要なことと割り切って婚活に臨みましょう。
あなたが管理職であろうと、幹部であろうと、婚活では新入社員以下のスペックかもしれません。

自分が新人だったころを思い出し、謙虚な気持ちで女性と向き合ってください。
自己評価を下げれば、自分が無意識のうちに上げていたハードルも下がるため、女性としても話しやすくなるはずです。

アンチエイジングと体調管理が成功のカギ

清潔感・若々しさというのは、男女問わず異性に求める要素の一つです。
極力、年齢を感じさせないケア・体調管理などを意識しましょう。

意識的に身体を動かし、適性体重を維持する。
タバコ・過度の飲酒など、悪習慣を断つ努力をする。
デートの日は制汗剤・マウスウォッシュでニオイを抑える。
体形に合ったファッションを意識して取り入れる。

ファッションなどは、職場の同僚や女友達に時間をとってもらい、アドバイスを受けることも効果的です。
女性の目線でコーディネートを提案してくれるサービスもあるため、試してみるとよいでしょう。

そこまで努力して得た経験は、仕事も含めた全ての人間関係で活かされるはず。
結婚相談所の会員ではなく、努力を横目で見てきた職場の同僚があなたを狙うかもしれませんよ。

「相手に聞く」コミュニケーションの意識を

自慢話は、男性がナチュラルにやってしまいがちな失敗談です。
そのため、意識して「相手に聞く」ようにすると、コミュニケーションを継続しやすくなります。

自分の趣味が車なら「お車はお持ちですか?」と聞く。
旅行なら「最近どこかへ行かれましたか?」と聞く。

このように、意識して相手に会話のペースを握らせた方が、コミュニケーションはスムーズになります。
また、趣味が同じジャンルなら、自分の知識が相手に好印象を与えるかもしれません。

シャッタートークになりがちだと自覚している人は、話し終えたあとに「~ですが」を付けて話すことを意識しましょう。

ワインが苦手なら「私はワインが苦手なのですが、○○さんは何が好きですか?」
夏が苦手なら「私は夏は暑くて嫌いですが、○○さんは夏の方が好きですか?」

この場合も、あえて聞くことで相手を尊重するようなニュアンスに変わります。

職場で会話するのと同様、相手が自分の会話を理解しているか意識しながら話すと、いつの間にか質問事項を無意識に考えるようになります。
相手を思いやり、会話の中からキャッチボールを楽しめる余裕が生まれると、婚活がスムーズに進むはずです。

副管理人からのメッセージ

40代男性のスペックは、必ずしも婚活市場で歓迎されるとは限りません。
相手を評価する基準は人それぞれですが、やはりスペックが一定の水準に達していなければ、戦う前から負けてしまうことは珍しくありません。

しかし、20代男性とは違い、40代男性には今までに培ってきた「経験」があります。
仮に恋愛経験がなかったとしても、何らかのジャンルで努力した経験があるはずですから、それを婚活に当てはめていけばよいだけです。

交際が進み、女性に自分の内面をさらけ出す段階に入ったとき、自分の中に深い見地があれば、それがあなたの魅力になります。
その段階に進むためにも、スタートでハネられないよう、第一印象・トークスキルを磨きましょう。

婚活するならこの結婚相談所が最適解

この記事を読んだ人におすすめの記事

No Image

逆玉の輿を狙う男性のための婚活や結婚相談所で女医と結婚する方法
玉の輿という言葉の逆パターンである「逆玉の輿」。 わざわざそれを狙う男性は少ないものの、それが性格的に可能であれば、そのような視点から結婚を考えることもできます。 高嶺の花を狙うな ...

No Image

医者の恋愛経験は少ない?変わり者という噂は?恋愛の実態とパターン
これまでに医者と出会ったことがないにも関わらず、医者との結婚を望む女性は後を絶ちません。しかし結婚は生活ですから、結婚をするにあたっては安定が一番大切だと考えているのであれば納得で ...

No Image

エリートばかりが集まる婚活パーティー。参加者の職業・平均年収とは
エリートを擁する結婚相談所の存在はよく聞かれますが、それ相応の会費を求められるのがネックです。 その点、婚活パーティーであれば気軽に参加でき、結婚相談所に入会するよりもランニングコ ...

No Image

結婚相談所はまだ早い!?20代前半で結婚相談所を使うメリット・デメリット
「まだ20代だし、もう少し仕事や恋愛を謳歌したい!」 「自分が好きな人と結婚したい。」 「趣味に忙しくてそれどころじゃない。」 20代前半という年代は、あらゆる可能性が星のように散 ...

No Image

子どもが婚活しているとき、親が極力干渉しないためのエチケット
親が子どもを育てるとき、残念ながら「結婚相手の見つけ方」を教えることは難しいものです。 夫婦にはいろいろな形があり、両親である自分たちの仲がよいからといって、全く同じ条件を息子・娘 ...


Page Top