婚活パーティーで再婚したいと思った方向け!
20代・30代・40代それぞれの婚活パーティー事情を解説

別れてしまったけど、できることならもう一度結婚を経験してみたい……。
一人で子育てをしていて、父親・母親の存在は大きいと感じる……。
このまま一人で死ぬのはつらい……。

離婚を経験した人は、人それぞれの理由があって、パートナーと別れるという選択をしました。しかし、一度結婚生活にピリオドを打ったことで、結婚への情熱が再び盛り上がってくるケースは珍しくありません。

一口にバツイチといっても、婚活を検討する年代は様々です。
婚活パーティーに参加できる年代という意味では、20~40代が一つの基準になるでしょう。

そこで、今回は再婚を希望して婚活パーティーに参加した、20代・30代・40代それぞれの事情についてお伝えします。同じ失敗を繰り返さないかどうか、再婚に不安を感じる人もいると思いますが、悩んでいるのは一人じゃないことに気付く一助となれば幸いです。

再婚を希望して婚活パーティーに参加する20代の事情

まずは、再婚を目的とした婚活パーティーに参加する、20代の事情についてご紹介します。

20代が参加できる婚活パーティーは圧倒的に初婚者が多く、20代のバツイチ同士をカップリングするパーティーは見当たりませんが、経験者として優遇されるケースもありますから気は抜けません。

気軽な気持ちで参加したら、思わぬ出会いが訪れることもあるようです。

子どもがいない場合、傷は浅いと考える20代は多い

20代でバツイチというのは、離婚した本人にとっても少なからずショックなことです。
「自分には家庭を運営する力はないのではないか」と、自信をなくしてしまう人も少なくありません。

しかし、婚活では20代という年齢は有利に働きます。
特に女性の場合は、年齢だけでモテやすくなります。

もちろん、バツイチということを気にする男性もいるかもしれませんが、全てとは限りません。むしろ、男性側の年齢が自分よりも上であれば、過去に結婚していた男性よりもはるかに包容力のある男性だったという可能性もあります。

男性の場合も、一度結婚を経験していること自体が、同世代から見るとアドバンテージになります。ただ、自分自身の女性に対する不信感によって、結婚がおっくうになってしまうことも。

一度独身として腰を落ち着けてしまうと、将来的に結婚の機会を逃し、最終的には40代になって婚活を焦る結果につながりかねません。それを自覚し、まだ腰を落ち着けていない段階で新たな出会いを求めるのが、20代バツイチの基本スタンスのようです。

子連れ再婚は、子どもが小さいうちだからこそ

子連れで再婚する場合、子どもと新しいパートナーとの関係を気にしてしまい、新しい一歩が踏み出せないという話をよく聞きます。

経済的・時間的余裕がないと考えたり、子どもが小さいうちに新しい相手を見つけることで、子どもに悪影響を及ぼすことはないだろうかと不安になったりするようです。

しかし、このような考え方は、かえって幸せを遠ざけてしまう考え方とも言えます。
確かに今のうちは小さい存在かもしれませんが、子どももやがては成長し、自分の下を離れていきます。

物心つく前なら、子どもが新しいパートナーになついてしまえば、その後のコミュニケーションは比較的安泰です。子どもが大切だと思うからこそ、自分自身が幸せであるように未来を築いていこうとする人が、婚活パーティーを利用するものと考えられます。

しいて言えば、男性が交際相手を選ぶ場合、同じバツイチ経験のある女性を選んだ方がハードルは低くなるかもしれません。

「恋愛」の延長から始めようと試みる

20代という年齢であれば、バツイチと初婚との間の距離は、そこまで遠いものではありません。自分に子どもがいる場合は実家の協力なども必要ですが、一度自分の境遇を脇に置いて考え、自分に興味を抱いてくれた人と結婚を意識せずに交際するのも一つの方法です。

離婚に至った原因が分かっている人は、その原因から自分の嗜好・希望をもう一度洗い出し、どういう人と相性が良いかを考えてから婚活パーティーに臨む傾向があるようです。

「こういう人はダメ」という選考基準が自分の中にあるだけでも、失敗する確率は減らせることでしょう。

再婚希望者向け婚活パーティーに参加する30代の事情

30代になってくると、バツイチOK・バツイチ同士の婚活パーティーが増えてきます。
同じ痛みを分かち合えるような相手に出会える確率が高まることから、再婚に積極的になれる年代と言えるかもしれません。

30代は、離婚のリアルを一番よく知っている年代

20代で離婚を我慢していた人が、30代になって離婚を決断するケースは珍しくありません。厚生労働省の「平成21年度 離婚に関する統計」によると、同居を止めてから離婚した年代は、男性・女性ともに30~34歳がトップクラスを占めています。

離婚の原因は様々ですが、20代で我慢できていたことが30代になって我慢できなくなり、最終的に離婚へと進んでいくカップルが多いものと見られます。また、バツイチになることへの不安から、20代のうちに離婚に踏み切れない人も多いようです。

逆に、一度離婚を決めてから、今まで抑えられてきたタガが外れて、自由恋愛を楽しめるようになったという声も。自分の人生の本来あるべき姿に目覚め、新しい出会いを謳歌できるのも、30代の特権の一つです。

相対的に見ると、実家暮らしで婚活をするよりも、仕事をしながら婚活する中で仕事関係からの出会いに恵まれる場合が多いようです。もちろん、婚活パーティーにおいても、バツイチ同士の出会いの場が増えますから、その分チャンスは増えるでしょう。

30代になり、男性の評価が高くなったことを見越して婚活する

年収面で頼りがいが出てくる30代は、比較的男性の評価が高くなるため、バツイチという条件がマイナス要因になりにくいメリットがあります。

また、20代後半など年下の女性から見たとき、一度は結婚というゴールにたどり着いた男性ということで、交際するにあたって経験値は十分と考える人が多いようです。

言い換えれば、男性にとってバツイチ経験がプラスになるのは、実質30代からという解釈もできます。離婚は、20代では若気の至りと判断されがちですが、経済力という後押しが加わることで、苦み走った大人の男性という印象につながるものと考えられます。

何らかの事情で失敗してしまったとしても、その後反省して新しい出会いに向き合おうとしているのであれば、女性側の評価も高まります。

また、過去はどうあれ未来はあるものと判断し、好きになったら相手のバックボーンなど関係ないと考えるのは、男性よりも女性の方が多い傾向にあります。

また、30代バツイチ男性のニーズは、必ずしも20代のような年下ばかりとは限らず、30代女性からも年齢を考慮した選択肢の一つとして想定されます。

この場合、相手が初婚かバツイチかということよりも、自分のスペックでより好みはできないという心理が働いています。

こういった「30代バツイチ男性アドバンテージ説」をもとに、もう一度結婚しようと考えて行動を起こす人が多いようです。

30代女性は年下も視野に入れてみる年代に

男性がバツイチという条件を評価される一方で、バツイチ30代女性は同年代から距離を置かれるケースもあります。それは「子どもの存在」です。

乳幼児のように、まだ子どもが小さな頃であれば、新しいパパを家族として受け入れやすいかもしれません。しかし、子どもが小学生・中学生にまで成長していると、今更新しい家族を作ってどうするのかと、反感を買うおそれもあります。

もちろん、結婚する側の男性もそれを理解して、「結婚というスタイルにこだわらない」選択肢を提示することもあります。ただ、いずれは明るみになるわけですから、交際はお互いの家族に対してオープンに行うべきでしょう。

こういった、再婚について回る家族の問題を解決する一つの方法として、年下の男性と結婚した人の話も多く聞かれます。年齢が子どもに近い分、話を聞きやすかったり、相談しやすかったりして、子どもにとっても抵抗感が薄らぐ場合があります。

また、言い方は悪いですが「男はいつまでも少年である」という考え方もあります。
自分から見て「まだ若い」と感じた部分があったとしても、手のかからない子どもが一人増えたと思えば、女性の側が主導権を握っても抵抗感を感じにくいでしょう。

よって、家庭を自分が中心になって切り盛りする覚悟のある女性が、年下との結婚も視野に入れて婚活パーティーに参加するという構図が成り立つものと考えられます。

再婚希望者向け婚活パーティーに参加する40代の事情

40代で再婚を考えるケースでは、男女ともに円熟味が増しており、20代・30代とは質の異なる結婚生活を想定することになるでしょう。

バツイチ向け婚活パーティーの参加上限年齢も、やはり40代に固まっていることが多いため、ここが再婚の限界年齢の一つだと考える人も多いようです。

「一緒に暮らす」から「一緒のお墓に」を考え始める年代

40代での婚活は、子どもを産んで家庭を作ることが目的の婚活というよりは、残りの人生を一緒に過ごしてくれるパートナーを探す婚活になるものと考えられます。

日本人の平均寿命は世界的に見ても高い部類に入りますが、長い人生を孤独なまま過ごすことに不安を感じ、婚活を始める人も見受けられます。

それと同時に、何らかの理由で離婚を経験した人は、もう失敗できない年代という認識を持っているため、できるだけ同じ経験を共有できる人・離婚した事実をきちんと受け止めてくれる人を捜し求めています。

「次の結婚では、お墓まで一緒にいてくれる相手を探そう」と、強い覚悟で臨んでいる人も多いため、本気度の高さが問われる年代と言えるでしょう。

一人が「つらい」40代男性の心理

40代という年代を迎えると、バツイチ・独身世帯の男性は、孤独というものを強く感じるようになります。

結婚生活がつらくて離婚した人にとっては独身生活を満喫できるかもしれませんが、どちらかというと離婚したくなかった人は、その後の長い孤独に耐えられなくなり結婚したいと思う状況が考えられます。

職場の人間関係でも、よく「家族ができると付き合いが悪くなる」と言われたものですが、やがて年代が上がるとそれも当たり前になり、所帯持ちの多くが家族を優先するようになります。

しかし、独身男性は「仕事が恋人」のようになってしまう人も珍しくなく、皮肉にもそれが収入増という結果につながるというわけです。

中には、友達関係さえ全く作れないまま定年を迎える人もいることから、やがて独身でいることに得体の知れない不安を感じ、結婚相談所・婚活パーティーに足を運ぶケースも見られます。

独身のままでいることにより、社会との隔絶を感じてしまうことが、男性が結婚を考える一つの動機になっているようです。

一人が「寂しい」40代女性の心理

女性の場合、友人の存在が人間関係を豊かにすることが多く、結婚しなくても仕事・友人関係が充実していれば、男性ほど強い孤独感を覚えることは少ない傾向にあるようです。

バツイチであっても、共通の趣味を持つ友人・同じバツイチのママ友と仲良くなり、子どもが大きくなるまでは充実した時間を過ごせる人が多く見られます。

しかし、子どもが自立したり、人間関係に変化が生じたりすると、今までの自分に疑問を感じる人が増えてきます。ふとした瞬間に感じる寂しさが、結婚のモチベーションにつながるものと推察されます。

経済的に充実している人も多いため、20代・30代のように、見た目だけの条件にとらわれる人は相対的に少なくなります。婚活パーティーでも、1対1で会話できる時間が増えているパーティーや、最初から連絡先交換を自由化しているパーティーなどを選ぶ人が多いようです。

副管理人からのメッセージ

以上、20代から40代まで、婚活パーティーで再婚を検討する事情についてご紹介してきました。
20代では比較的カジュアルに次の出会いを検討できる反面、30代は家族との板挟みとなりシビアな決断を迫られるケースもあります。

40代にもなると、最終的には自分自身の判断にゆだねられる部分が多くなり、近い将来やって来る「孤独」を回避する目的から、過去を振り切って真剣交際を望む人が集まり、婚活パーティーを利用する状況が見られます。
いずれにせよ、新しい家庭を築くことでポジティブな効果が期待できると感じた人が、再婚という選択肢を選ぶものと考えられそうです。

婚活するならこの結婚相談所が最適解

この記事を読んだ人におすすめの記事

No Image

医者との結婚。本当に玉の輿?医者との出会いや付き合い方と結婚の心得
女性は結婚によって裕福になることを夢見ていた時代が長く、特に高級取りのイメージが強い医者との結婚は、女性なら誰しも一度は憧れたことでしょう。 事実、「憧れのお医者さんとの結婚」「玉 ...

No Image

婚活ではあきらめないことが大事。50代から始める結婚相談所選び
いつの間にか50代になってしまい、このまま独身で生涯を終えるのかと考えている方は少なくありません。 「国立社会保障・人口問題研究所」の「人口統計資料集2018」によれば、日本国内に ...

No Image

医者と結婚したい方必見!1年以内に医者と出会う婚活の方法とは
将来、医者の奥さんに憧れる女性も多いのではないでしょうか。 その理由として医者は、高学歴、高収入、社会的信用もあり結婚相手にとても人気の職業です。 女性なら旦那さんが「医者」聞くと ...

No Image

医者とお見合いする方法と最高の結婚までの道筋
30歳を目前にして、結婚のふた文字に焦りを感じているアラサー女性は多いのではないでしょうか? 「このまま働くのは悪くはないけど、そんなに今の仕事が好きでもない。」 「結婚したら専業 ...

No Image

目指せ玉の輿(勝ち組?)医者と結婚できる女性はどんな人か
先行き不透明な時代、テレビを見ても暗いニュースばかり。 さらにどんどん加速化していく、これからの日本の超高齢化社会では、人生を100年生きる前提で考えなくてはいけないのだとか!昔か ...


Page Top