婚活サービスと言えばこれと思う人も多い
仲人型の結婚相談所の婚活サービスの特徴について

婚活という言葉が認知され知名度を上げ、今では様々なサービスが生まれてきました。
一言で「婚活」と言っても、実際には多種多様なサービスが生まれているため、今では一言で表すのが難しくなってきています。

そうは言っても、婚活と聞くと、いわゆる「結婚相談所」などをイメージする方は圧倒的に多いです。
それくらいに、やはり婚活を本気で考えて行動していくとなった時には、多くの人が「結婚相談所」への入会を候補に挙げるほど人気も高くなります。

実際には、結婚相談所というくくりの中にも、大きく分けると2種類のタイプが存在します。
それが、「仲人型」と「データマッチング型」になります。

管理人も過去、結婚相談所に関わる仕事をしてきていますが、やはり成婚率の高さや会員の質、運営会社の安心度、会員の結婚までの本気度などは他と比べても圧倒的に高い傾向にあります。

なによりも、やはり今まで結婚までなかなかたどり着けなかった…という悩みを持つ方にとって、マンツーマンでサポートが付いてくるという特徴がある「仲人型の結婚相談所」は人気が高く婚活でも主流の1つと言えます。

今回は、そんな仲人型の結婚相談所での婚活について、しっかり見て行きたいと思います。

仲人型の結婚相談所の特徴について

結婚相談所とはその名・文字の通り、結婚したいと思っている人が相談に集う場所という事です。
いわば、真剣に結婚を前提としたパートナー相手を、本気で探している方のための婚活方法という事になります。

婚活の種類の中においても、結婚相談所は最もメジャーなサービスの1つでもあり、大なり小なりの企業が多々サービスを展開しています。
それこそ全国展開しているところもあれば、都心で展開しているところ、特定の地域に特化してサービスをしているなど様々です。

結婚相談所を運営するとなると、人や場所などの確保が必要になり、運営するための資金が多く必要になるため、結婚相談所を運営する会社も大規模な会社が多く、上場会社などが運営しているところや、超有名会社の子会社として運営しているところもあり、安心感といった面では大きく他サービスよりリードしています。

仲人型の結婚相談所の最大の特徴と言えるのが、「仲人」いわゆる、あなたのための「専属のコンシェルジュ」や「専属のコーディネーター」といった、あなたの婚活をサポートをしてくれる人が付いてくれるという点にあります。

結婚相談所に入会後は、この専属の方といわばマンツーマンで結婚までを二人三脚で活動していく事になり、場合によってはサポートだけでなく、相談や叱咤激励なども含め、色々な相談に乗ってくれる力強いパートナーになります。

これこそが“仲人型”の結婚相談所と呼ばれる所以です。
結婚相談所のもう1つの種類でもある“データマッチング型”は、こういった仲人は存在せず、データで照合し相手を紹介する形を取っているため、大きな違いになります。

仲人型の結婚相談所では、他のサービスなどのように、良いと思った人に数打ちゃ当たる的な戦法とは大きく異なり、1つ1つの出会いを真剣に考えてる特徴があります。
しっかりと自分の性格や考え方、さらには自分が結婚に求める条件などと、相手がきちんと合っているのか、などを仲介してくれ、マッチングをしてくれます。

また、会員になるための審査などが存在しているところも多く、本人確認、独身証明書、収入証明書などが提出必須といったところもあります。
そのため、まず冷やかしといった会員は存在せず、とにかく本気で結婚を考えている方しか会員にはいないと言ってもいいほどです。

その分、他の婚活サービスと比べて必要な費用は格段に上がります。
会員が全員、いわば本気中の本気で結婚をしたいと考えて入会している方のため、そういった「本気度が高い」方には最適なサービスとなっています。

仲人型の結婚相談所を利用するメリット

それでは、順番に仲人型の結婚相談所のメリットをおさらいしておきましょう。

専属のコンシェルジュが付いてプロのアドバイスが受けられる

婚活をしようと思った時、多くの人が、何をどうして進めていけばいいのか?と悩む事が多くあります。
また、基本は1人で行わなければならないため、これで良いのか、何か変えた方がいいのかなど1人で考えて決断をしなければならず、相談相手がいないという悩みは尽きません。

こういった状況では、誰かに相談できれば…と必ずしも1度ならず何度も思うものです。

仲人型の結婚相談所では、入会後は専属のコンシェルジュが担当者として付いてくれます。
プロフィールの書き方から写真の撮り方、さらにはマッチングの事や相手と会う時の注意点や、相手の方がどんな方か、話し方や色々なポイントまで何でも相談できます。

また、自分の結婚相手に求める条件などで、理想が高すぎたりした場合には、プロのアドバイスとして、それだと誰からもアプローチ来ないですよ。といった結構グサリとくるようなシビアな事も言ってもらえます。

一見、お金を払ってサービスを受けているのに、なんでそんな事を言うのかと思ってしまうかもしれませんが、裏を返せば、それだけ、あなた自身の結婚を真剣に考えてくれているからこそ言ってくれているのです。

1人でないというのは婚活において非常に大きなメリットです。
客観的な第三者の目や考えなどを聞くことができ、良きパートナーとして色々な事に相談に乗ってもらえるので、婚活時の心の支えとなるという人も多くいます。

仲人型の結婚相談所で結婚した人の中には、コンシェルジュやアドバイザーの人がいなければ、結婚までたどり着けなかった、感謝しているといった言葉を述べる人も多いほどです。

全ての間を取り持ってくれるので気が楽

婚活をしていくと、いろいろな出会いがありますが、その分だけ、うまくいかない別れもあります。

また、結婚相談所以外の婚活サービスでは、基本的に自分1人で何から何まで行わなければなりません。

相手を探したり、良いと思った人とコンタクトを取ったり、会うための日程や時間や場所の調整などを行わなければなりません。
また、会ってみたもののなんだか思ってた人と違った場合のお断り、といった事はたくさんあります。

そういった時、特にお断りを相手に伝えたりするのは、同じ婚活をしているという相手の事を考えると、気を遣いますしこちらの精神的にも苦痛を伴います。

結婚相談所では、こういった相手への連絡やメッセージは、専属のコンサルタントを通して行ってくれます。
そのため、何がどうダメで、こういったところが…といった事を伝えやすく、それを優しくコンサルタントが伝えてくれるため、お断りの際の気が楽なのは間違いありません。

逆に自分が相手からお断りをされた時には、相手がどこが気になって、何が嫌だったのかといった事なども聞いていますから、次に活かすアドバイスなども貰えます。

また、結婚相談所によっては、相手と会うための各種日程や場所の調整なども行ってくれるところもあります。
以外と会うと決まった後の、お互いの日程調整のために何度も何度も連絡をやりとりをするのは非常に手間ですから、それらを代行してくれるのは婚活をする上で嬉しいポイントだったりします。

入会の審査を厳し目にしてるため本格的なところが多い

ライトな婚活サービスでは、ある程度は自己申告制が取られるところが多いです。
本人確認のみが必須事項で、他の独身証明書は任意であったり、各種ステータスなども、基本は自己申告で採用されているところが多くあります。

しかしながら、結婚相談所では入会のための審査が非常に厳格です。
そもそも入会時に独身証明書の提出が義務付けられているところも多く、年収や家族構成などもしっかり専属のコンサルタントが確認しているため、遊び目的や営業目的といった人がほぼ皆無です。

入会審査を厳しくしている結婚相談所では下記のようなものも求められる場合もあります。

  • 職種や地位確認のための社員証や名刺
  • 学歴証明のための各種卒業証書
  • 年収が正しいかの収入証明書
  • その他、家族構成などの証明書

もちろん、これら全てが必須というわけでもなく、任意のところも多くあります。
ですが、これだけデータを管理するという事からも、結婚相談所自体が、しっかりと運営しているという証でもあります。

入会者の本気度も段違い

結婚相談所への入会は、ネットサービスなどのように、簡単に入会が完結するわけではありません。
上記のように、しっかりと提出書類や審査があり、さらには入会時に多額な金額が必要になります。

これらは、デメリットの1つとしてあげられますが、その一方で、それだけハードルが高い分、入会している人達は、結婚したいという思いの本気度が高い人しか集まらないという特徴があります。

とりあえず登録だけなんて人はまずいません。
皆が皆、真剣に結婚をしたくて、最適なパートナーを探すために本気で活動しているという事が挙げられます。

そのため、本気で結婚したい、いい人がいたら今すぐ、なるべく早くにでも結婚したいという人には最もおすすめと言えるサービスです。

運営企業が大手や上場企業運営も多く、安心感も高い

婚活パーティーやネット婚活などのサービスは、どちらかというとベンチャー企業やあまり知らない知名度も低い企業、立ち上げてまだ数年しか経っていないといった企業も多く参入しています。

一方、データ型にしろ仲人型にしろ、結婚相談所においては、入会費用が高額といった事もあり、まず入会者を集めるのに苦労します。
特に最初は広告費を投じて会員を集めたりなど準備期間なども必要となり、ある程度の資本力がないと運営自体が非常に難しかったりします。

そのため、結婚相談所の運営会社は、比較的大手企業や社会的にも知られた企業が運営しているところが多い傾向にあります。

大手の有名な結婚相談所では、オーネットが楽天グループ、ツヴァイがイオングループで自身も上場企業、IBJやパートナーエージェントなど他にも上場している企業が運営しているところや、非上場企業などでも、10年以上ずっと結婚相談所を運営してきている企業などがあります。

このように、結婚相談所はある程度の社会的信用や信頼感が備わっている企業が運営しているところが多い特徴があります。

入会すれば、まさに自分の完全なプライベート情報を渡すわけですから、プライバシーポリシーや個人情報保護などの観点からも、ある程度しっかりした企業が運営しているというのはメリットと言えます。

ただ相手を紹介するだけでなく、付加サポートも多い

多くの婚活サービスでは、出会いの場の提供が主になります。
相手を検索して見つけたり、紹介したり、出会って結婚するためのそういう「場」を提供するサービスがほとんどです。

結婚相談所でもメインサービスは当然、結婚相手を見つけるためのサービスになります。

ですが、そもそも結婚は人と人が出会って行うものになります。
当然、魅力的な人ほど相手からのアプローチや成功率も高くなっていきますが、そのためには色々な自分自身の能力も必要になります。

当然コミュニケーション能力はもちろん、最低限の各種マナー、ファッションセンス、その他、男性・女性別で見ても色々なところが相手から見られます。
これらが一般レベルの知識や教養で伴っていなければ、当然どれだけアプローチしても相手からは断られてしまいます。

結婚相談所では、そういった事が苦手な人向けに、有料にはなりますが、プロを招いての付加サポートを用意しているところが多くあります。

コミュニケーションが苦手な方のための会話教室や、ファッションが苦手な方のための服装コーディネートや、他にも色々なマナー教室、プロフィールのためのカメラマンの撮影、料理教室など多種多様にサポートも用意されています。

さらには婚活を通して結婚が決まったカップルのための、指輪や式場選び、婚約や結納などについてのサポートなども用意されているところがあります。

単に相手を紹介するだけのサービスに留まらず、あなたが結婚するために必要なサポートは全部用意するといったスタンスなのが結婚相談所と言えます。

あまり積極的でない人にも向いている

結婚相談所以外の多くの婚活サービスでは、基本的に「積極的」「自分から動ける」「コミュニケーション能力が高い」といった営業職に向いたような人しかメリットを享受しにくいサービスです。

多くの婚活サービスでは、自分からアプローチをしなければ何も起こらず、ただ時間とお金だけが出ていくことが多いです。
しかしながら、仲人型の結婚相談所では、そういった方でもしっかりサービスが受けられるというメリットがあります。

これは仲人型ならではの専属のコンサルタントが付いてくれるからです。
男性女性問わず、相手に求める性格などに「ゆったり」「おっとり」「ガツガツしていない」といった事を求める方は一定数います。

一般的な婚活サービスにおいては、そういった性格では相手となかなか出会えないという面がありますが、仲人型のように、間にサポートしてくれる人が入ってくれることで状況が一変します。

あまり積極的でない人でも、相手にそういう人ですと予め伝えて理解してもらえますし、そういった穏やかな性格のパートナーを探している人と出会いの機会を設けてくれます。

また、人見知りだったり、知らない人と会話を続けるのが苦手であっても、コンシェルジュが最初は助けてくれたりサポートやアドバイスしてくれたりします。

人見知りや自分から会話に入っていけない、知らない人にどんどんアプローチするのが苦手という方であっても、間にしっかりサポートしてくれる人が入ってくれるので、しっかりと婚活を行う事ができます。

結婚相談所のデメリット

このようにメリットを挙げれば、結婚相談所以外に他の婚活サービスでは考えられないと思う程にメリットが大きいのですが、やはりその裏にはデメリットがありますのでしっかりと把握しておきましょう。

金銭的負担は、婚活サービスの中で群を抜いて高い

仲人型の結婚相談所を利用する上での最大のデメリットであり障壁になるのが、この費用の問題です。

他の婚活サービスではせいぜい何かの参加や月額費用で、数千円といったところが多いですが、結婚相談所は多くがレベルが違うほどに跳ね上がります。
その中でも仲人型は最も高額な婚活サービスといえます。

入会する結婚相談所によって金額は変わりますが、だいたいのイメージでは下記の通りです。

入会金の目安 3万円~15万円
月額費の目安 1万円~3万円
成婚料・退会費の目安 5万円~20万円

結婚相談所では、平均してうまく結婚まで到達する活動期間としては、およそ半年~1年活動する方が多いです。
その期間で想定すると、必要な費用の目安が「約50万円」となります。

また、これらは結婚相談所内での基本的な活動費としての金額です。
知り合った方とのデートや、ファッションや美容などにかかる費用も必要になりますし、別途、結婚相談所が主催するイベントやパーティーに参加となると、別料金でパーティー代が1万円かかったりといった事もあります。

また、結婚相談所は本気度が高く、色々な付加サポートも用意されていますが、それに参加すればするだけ、費用がかさみます。

料金が高額だからこそ、本気で結婚したいと考える人しか在籍しませんが、お試し入会といったものはほとんど存在せず、やはり入会のハードルは高いと言えます。

定期的に特定の場所に行かなければいけない事も多い

結婚相談所の最大のメリットの1つでもある専属のコンサルタントやサポーターが付くという制度は、その反面、そのコンサルタントと今後どう活動していくかなど色々相談したり話をする必要がでてきます。

そのため、どうしても結婚相談所の場所まで都度都度、訪問して会う必要が出てくる事も多いです。
やはり結婚は、人と人の縁という事もあり、メールや電話だけでは伝わらないものがあるため、この対面での会話やカウンセリングにこだわる結婚相談所は今も多くあります。

そういった意味で、仕事が激務で夜遅くまで働いている方であったり、休みが不定期といった方の場合、そのコンシェルジュとの日程を合わせるのが大変と悩む人もいます。

もちろん、そういった日程が合わずなかなか進まなくとも、月額費は普通に必要になるため、そういった意味で低評価を下す人も一定数存在しています。

意外と結婚できていない人も多い事実がある

これだけサポートの質も高く、料金も高額なため本気度の高い人が集まりますが、実際に結婚まで達成できる人はそこまで多くないという事実もあります。

もちろん、人と人との縁、出会いになるため、結婚したい人同士が会えたとしても、そう簡単に結婚できるというわけではありませんし、一筋縄ではいきません。
理想が高すぎる人、何かに依存しすぎる人など問題的な人が一定数いるのは社会的にも普通ですが、それでも成婚率が高いわけではありません。

会員数も何万人ともなってくると、全員が結婚できるわけではなく、一定数はそれでも結婚できない人もいるという現実があります。
そのため、結婚相談所では口コミサイトなどで、悪い評価を付けられやすい傾向があります。

これには理由があり、結婚相談所で結婚できた人は、既に新しい新生活を迎え、新しいスタートを切っているので、もう婚活という枠に極論、興味がありません。
ですが、結婚相談所で高額な費用を支払って、結婚できなかったという人は、まだ婚活というステージに留まっていて、お金も払って結婚できなかったという事で、鬱憤が溜まっているのも事実です。

そういった事もあって結婚相談所に過剰な期待をする方ほど、結婚できなかったりするという事実もまたあります。

結婚相談所すらも多様化してきて自分に合うところを見付けるのが難しくなってきた

婚活サービス自体が、一種のブームとなりサービスの質や種類も多様化しました。
同じように、もとから人気が高かった結婚相談所もその影響を受け、他の結婚相談所にはないようなサービスを設計する会社が表れたりと多様化を見せてきています。

今では、仲人型の結婚相談所という枠で見ても、オールジャンルのところから、職業に絞った士業専門、医者専門、高収入専門、といったような色々な分野に派生して展開されています。

また、1つの結婚相談所の中でも、料金プランやサービスメニューが複数にわかれている事も多く、比較検討するのも、なかなか難しくなってきているのも事実です。

また担当のコンサルタントも人間ですから、人によって合う合わないなどもあったりします。
もちろん担当変更などは可能ですが、そういったうまくいかなかった時でも、毎月の費用は当然無料になったりする事はありませんから注意も必要です。

どんな人が結婚相談所に向いているか

色々メリットとデメリットを挙げましたが、それでもやはり結婚できる可能性で見れば、圧倒的に結婚相談所が高いです。
その中でもやはり仲人型の結婚相談所は結婚までの可能性としては、一番高いと言えます。

他のライトな婚活サービスとは違い、本気中の本気の人しか集まりませんし、専属のコンサルタントは過去に何人も結婚に導いてきたプロで、そういった方が専属で付いてくれるため、安心感も違います。

やはり本気で結婚をしたい。と考える方には最適と言えます。
他の婚活サービスでは、どちらかというと積極的、自分から動ける方にしか向かないサービスがほとんどです。

ですが、結婚相談所では、そういったプロのコンサルタントがいわば伴走的にサポートしてくれるため、あまり積極的でない、自分からのアプローチが苦手という方でも結婚まで結びつきやすくなります。

ただし、やはりある程度の料金が必要になります。
パーティー類やネット婚活のように、とりあえずまずは試してみようといった考えで気軽に手を出せる料金ではありません。

入会後も結婚相談所以外で、出会った後のデートなどで相手と一緒に過ごしたりする料金の事も考えなければいけませんから、ある程度は金銭的に余裕がある人でないと難しいとも言えます。

裏を返せば、ある程度の費用が出せて、本気で結婚したいと考えているのであれば、仲人型の結婚相談所一択と言っても良いほど、可能性という面では断然に高いと言えます。

管理人からの一言メッセージ

婚活というと、今でもこの仲人型の結婚相談所というイメージを浮かべる人は多いはずです。
それくらいに世間一般でも結婚相談所=婚活という認識があります。

上場企業が手掛けていたり、電車などの交通広告でもよく見ますし、最近ではテレビCMも解禁され大手の結婚相談所のCMを見る機会も増えてきたのでよりそういったイメージは強くなるかもしれません。

ですがやはり、遊び目的や冷やかしや営業目的といった人が皆無で、会員の全員が本気で結婚を考えているという事もあり、結婚できる可能性という点で見ても仲人型の結婚相談所は群を抜いています。

結婚できる可能性は婚活サービスの中でも高いとは言え、結婚相談所に入れば結婚できるか?と言うと、必ずしもそういうわけでもないというのが、人と人の縁が難しいところでもあります。

結婚相談所の中には成婚率などの数値を公開しているところもありますが、多くはまやかしだったりします。
イメージしやすいものとして、よくある映画の全米No.1と同じように、自分達に都合の良い数値になるように、色々な制限を付けて数値を出しています。
(半年未満の退会は未計上といったパターンや、報告無く退会は未計上といったパターンなどもあります)

仮に会員が100万人以上いる結婚相談所があるとしたら、仮に成婚率が20%だったとすると、20万人が結婚している反面、裏を返せば80万人は結婚できていないという事でもあります。
このあたりが、婚活サービスの難しいところでもあるかもしれません。

そうは言っても、やはり結婚できる可能性としては遥かに高いです。
自分が婚活をするとなったときに、サービスをどれか1つ選んで活動するとしたなら、やはり仲人型の結婚相談所を選びます。

もちろん、必要な費用も高いけれど、他の婚活サービスと比べても、やはり結婚に対する姿勢や本気度が違います。
金銭的に余裕がある程度あり、本気で結婚のために考えて動きたいという人は間違い無くおすすめと言えますよ。

この記事を読んだ人におすすめの記事

婚活の種類「フリースタイル型・婚活パーティー」の特徴とメリット・デメリット
婚活の種類のテーマで解説してきていますが、今回は「フリースタイル型」の婚活パーティーについて解説してみたいと思います。 このフリースタイル型の婚活パーティーは、今では一般的と ...

データマッチング型の結婚相談所の特徴とメリット・デメリット
婚活サービスの中でも、人気が高いのが結婚相談所です。 しかし、そんな結婚相談所も今では、大きなくくりで言えば、2種類に分けられます。 それが、「データマッチング型」と「仲人型」と ...

婚活の種類「街コン」- 出会いが多いなどの特徴とメリット・デメリット
街コンはこの数年で一気に人気が広がり、今では全国各地で開かれているほど、一般的になった婚活の手段の1つです。 街コンもどちらかと言えば婚活というより、恋活に近いかもしれません ...

婚活の種類「合コン」- 友人知人の紹介や出会いのメリットとデメリット
婚活の種類について解説していきたいと思います。 いろいろと世間では「婚活」と一言で表現されますが、実際にはその中のサービスや種類については多種多様に今では存在しています。 ...

婚活の種類「共通の趣味参加型の婚活パーティー」の特徴やメリット・デメリット
昔と違い、今では色々な婚活サービスが生まれています。 特に最近で人気が高く満足度も上がってきている1つが、今回紹介する共通の趣味を持った人のみが参加する婚活パーティーになります。 ...


Page Top