出会える人数なら随一の街コンで婚活するなら
メリットとデメリットをしっかりおさえておきましょう

街コンはこの数年で一気に人気が広がり、今では全国各地で開かれているほど、一般的になった婚活の手段の1つです。

街コンもどちらかと言えば婚活というより、恋活に近いかもしれません。
ですが、結婚に対しての新しい出会いを多く見付けられるとして、ここ数年でサービス提供会社も一気に増えて人気が高まっています。

今では地方自治体が主催する街コンなども登場するほどです。
そんな街コンについて、今回は婚活という視点からしっかり見ておきましょう。

街コンでの婚活の特徴

カジュアルに婚活を始めたいという方に特に最適なのが、今回紹介している街コンです。
前回紹介している合コンも、同様にカジュアルでライトですが、それと比べればもう少し婚活寄りと考えていいかと思います。

そもそも「街コン」とは?をおさらい

街コンというのは、最近できた言葉です。
簡単に言ってみれば、その名の通り、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントのことです。

友人や知人で開くのが合同コンパ。
それをもう少し広げた街規模で行うのが、街コンになります。

基本的には、街や複数の店が一緒になって行います。
参加者から一定の参加料金を取り、その街や商店街などが会場となり、提携しているお店などで飲み放題、食べ放題、バイキング形式といった形で、参加した男女で合コンを行うといったスタイルになります。

通常の合コンであれば、男女の幹事が友人などを呼んで3対3や4対4で開きますが、これを街や商店街の規模で同じような事を行うのが街コンという事になります。

参加者も、1人での参加や友達を誘っての参加などもあり、簡単に言えば大規模な街でやる合コン、略して街コンとなっています。

街コンでは、少ないと40名や50名、中規模で100名~200名、規模が大きくなり一大イベントなどになると、1000名を越えるイベントにもなります。

男女でそれぞれ大人数が参加し、そこで主催者が決めたルールに沿って大規模な合コンが行われます。

実際には主催者側のルールによって内容は大きく変わります。
例えば、30分は同じ店で合コンのように団らんし、30分後は店を移って同じ事を2時間繰り返すといったパターンや、席移動はもう完全に自由といったパターンなど様々です。

街コンで婚活をするメリット

合コンをより大きな規模にした街コンだからこそ、得られるメリットがあります。

出会いの数で見れば随一

街コンは名前からも分かる通り、スケールが大きいです。
一般的な合コンやパーティーなどと比べても、明らかに規模が大きくなります。

そのため、異性との出会いの数という点で見れば、随一と言える出会い数になります。
気軽に複数の異性と交流を図ることができます。

また、合コンの場合、3:3や4:4で小規模のため、相手とフィーリングが合わなくとも人数の問題もあって我慢したり合わせなければいけませんが、街コンの場合主催者ルールで許可されていれば、合わない人と長時間話す必要がなかったり、ダメだと思ったらすぐ席移動をしたりする事ができるため、好みの相手に出会える確率が上がります。

料金体系も安くわかりやすい

街コンの参加費には通常全ての飲食代が含まれている事が多いです。
あらかじめ申込時にいくらと決められており、その金額内で自由に複数のお店で食べ歩きしたりもできます。

飲み放題なのかドリンク何杯かのチケット制なのかは料金などで変わりますが、ある程度はコミコミ料金になっているため、後で知らないうちにお金が必要なんて事はありません。

とはいえ、合コンよりは少し高くなる事が多く、男性だと5000~8000円、女性だと3000~5000円くらいで参加ができるものが多くあります。

開催場所や種類が今では豊富にある

今では街コンは一種の地域活性の面も担っており、主催者は非常に多岐に渡ります。
一般的な株式会社などの営利企業が運営しているところもあれば、各地方自治体が、その地域を盛り上げるために開催していることもあります。

大人数なものから、少人数なものまで、北海道から沖縄まで存在しています。
もちろん、頻繁に開催されるのは都心が中心にはなりますが、全国各地でたくさん開かれていますので地方だからといって諦める必要がありません。

友人と一緒に参加ができる

一般的な婚活は自分1人で行う事がほとんどです。
もちろん自分自身でアプローチしたり話しかけたりが苦にならない方なら問題ないですが、人見知りの方などではパーティー系は非常に難易度が高くなります。

街コンであれば友人と一緒に参加が可能なものもありますから、そういった意味では安心感が異なります。

誰か1人でも知っている人がいるパーティーへの参加と、誰も知っている人がいないパーティーへの参加では、心の面のいわゆる心理的ハードルが段違いです。

街コンはまずは出会いを見付けるためのものでもあるため、知り合いと一緒に参加できるというのは大きなメリットになります。

極端な話、いい人がいたら話し上手や接点を持つのが上手な友人にきっかけを作ってもらい、慣れてきたあと、二人で話すといった方法が取れるのも街コンならではです。

街コンで婚活するデメリット

そんなメリットも多い街コンですが、手軽な面や大規模ならではのデメリットもやはり存在しています。

街コン参加者の目的が多様化している

街コンは全員が婚活目的で来るとは限りません。
名目上は出会いを求めたりといった形ではありますが、美人がいたら、イケメンがいたら、自分の理想にピッタリあう人がいるなら出会いを求めるといったような超ライトな層も参加する可能性があります。

また場合によっては、地方などの場合、旅行がてら想い出としてや、地域の特産物が食べられるから、遊び相手見付けるため、飲み友募集など参加の動機がバラバラです。

あなたが婚活を目的としていても、相手は全然違うという事は多々あります。
参加者が多いだけに、自分と同じ目的を見付けるためにも数を当たらないといけなくなります。

人気のものはすぐ募集が終了する

今では定番ともいえるイベントになってきた街コンですから、参加者も非常に多くなっています。
そのため、人気の街コンなどや募集人数がそこまで多くない場合などは、締め切り期限前に定員になってしまい募集が終わってしまう事もあります。

どこの街コンに参加していくかなど調査をしたり募集したり、空いているのはどこで申し込むかどうか、友人とのスケジュール調整は…といった手間もまた必要になります。

会話力がどうしても必要になる

街コンはたくさんの人が特定の場所に集まり、後はある程度自由に楽しんでというスタンスになります。
この時に主催者や幹事などが何か手助けしてくれる事はあまりありません。

また、合コンのように男女が必ずペアになって話しやすくなるような雰囲気もありません。
そのため、自分から話しかけたり会話を膨らませたりするのが得意でない場合、誰とも話さないまま終わるといった悲しい結末に繋がる場合もあります。

引っ込み思案や人見知りな方は、一緒に盛り上げてくれる友人と参加したりするなどして対処しないと、ただお金を払って食べ歩きをしにきただけになってしまう可能性がありますので注意しましょう。

街コンでの婚活に向いている人は?

大規模な合コンと意味づけされる事が多い街コンですが、やはり向いている人というのは社会性があり行動力があり会話力がある方になります。

見ず知らずの人と話ながら、婚活目的なのか食べ歩きなのか、とりあえず参加してみたのかなど動機を見極めていかなくてはいけません。
そのためには、知らない人ともぎこちなく会話をこなせるスキルがないと、ただの食べ歩きという実りがないイベントになってしまいます。

合コンと違って幹事や主催者は企業や自治体になる事が多く、知らない人たちなので気を遣わなくていいですが、その分だけ自分を助けてくれるわけでもありません。

また、やはり出会い目的のイベントといえど遊び目的や飲み友達募集する人が参加している場合もあるため、年齢層が若くなりやすいです。
特に女性で参加する場合は、相手が遊び目的でないかを見極めるのが大事になります。

本気で結婚したいから婚活を考えているという人よりも、そろそろ婚活をしないと結婚できないかも?くらいの年代の方が落ち着いて活動しやすくなります。

とはいえ、合コンと同様で、街コンで出会って結婚したという夫婦は今ではたくさんいます。
難易度は多少高めかもしれませんが、うまく活用すれば金銭的負担を抑えて婚活成功という最高の結果を残すことができます。

都心での街コンは、今では街コンの中でもジャンルに分かれていたりと非常に細分化されてきています。
そのためにも、街コンで婚活をするという場合は、自分にあいそうなタイプの街コンを選ぶように心がけて活動していきましょう。

管理人からの一言メッセージ

街コンと言えばこの数年で一気にシェアを広げたサービスですね。
簡単に言ってしまえば大規模な合コンといったイメージになります。

いい人がいなくて失敗したとしても、その分、ご飯とお酒でカバーするといった考えができるため、婚活層だけでなく恋愛したい人や良い出会いがあればなと思っている層にも人気があります。

出会いの数で見れば大規模な街コンに行けばそれだけで、相当な異性の数がいます。
やはりこのあたりはスケールメリットと言いますか、大規模な分だけ、しっかりうまく行動できる人には大きなメリットです。

自分が動け、初対面も苦にならない、会話も得意といった方は街コンとの相性は良いはずです。
逆にそういったのが苦手な方にはあまり相性が良くないかもしれませんが、友人と参加できるという街コンのメリットを活かせばうまく行く事もあります。

参加者の全員がパーティー好きや初対面を苦にしない方ばかりではありません。
同じように、苦手だけと友人と一緒に参加という人も一定数いますので、友人と参加したりしながら慣れていくのも1つの手です。

とはいえ、街コンも今ではサービスがたくさんあり良いところ悪いところと評判も出てきてるはずです。
参加前にどういった層が参加するのか、料金だけでなくしっかりと運営している企業や団体などもチェックして参加しましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

婚活の種類「共通の趣味参加型の婚活パーティー」の特徴やメリット・デメリット
昔と違い、今では色々な婚活サービスが生まれています。 特に最近で人気が高く満足度も上がってきている1つが、今回紹介する共通の趣味を持った人のみが参加する婚活パーティーになります。 ...

婚活の種類「フリースタイル型・婚活パーティー」の特徴とメリット・デメリット
婚活の種類のテーマで解説してきていますが、今回は「フリースタイル型」の婚活パーティーについて解説してみたいと思います。 このフリースタイル型の婚活パーティーは、今では一般的と ...

婚活の種類「ネット婚活・アプリ婚活」の特徴やメリットとデメリット
昔とは違い、今では非常にインターネットが発達した社会になっています。 それに伴い、様々な分野で技術発展に伴って過去と違う方法や手段が生まれてきており、婚活社会も新しく生まれ変わり ...

婚活の種類「仲人型の結婚相談所」専任サポートが付く特徴やメリット・デメリット
婚活という言葉が認知され知名度を上げ、今では様々なサービスが生まれてきました。 一言で「婚活」と言っても、実際には多種多様なサービスが生まれているため、今では一言で表すのが難しく ...

婚活の種類「着席型1対1のお見合いパーティー」の特徴とメリット・デメリット
今の婚活パーティーの中でも、主流と言える1つがこの着席型のお見合いパーティーになります。 主流だからこそ多くの企業でも取り入れられており、実際にここで出会って意気投合し結婚に至っ ...


Page Top