婚活の種類「合コン」編
合コンでの婚活のメリットとデメリットや特徴について

婚活の種類について解説していきたいと思います。
いろいろと世間では「婚活」と一言で表現されますが、実際にはその中のサービスや種類については多種多様に今では存在しています。

実際の現場では、婚活という一言では言い表すことが難しいほど、サービスが多様化されています。
これは言い換えれば、しっかりと自分に合う合わないを見極めていく必要があり、それを怠るとそもそものその婚活が失敗するという事でもあります。

サービスの多様化は利用者からすれば、自分に合ったサービスが登場する反面、しっかり選ばないと全く合ってないサービスを使ってしまうという面もあり、昨今ではサービスの選び方がとても大切になっています。

とはいえ、まずは婚活においてどんなサービスの種類があるのかを知らなければなりません。
今回は婚活において、最も定番でもあり、最初に頭に浮かび考えるであろう、“合コンでの婚活”についてみていきたいと思います。

合コンでの婚活の特徴

合コンと言えば、もう言わずとしれたイベントかと思います。
そもそも合コンという言葉自体は、婚活という言葉が生まれる以前から存在しています。

あなたもこのサイトを見ているという事は、結婚したい、婚活を始めようと考えているかと思いますので、既に合コンは1度くらい経験しているかもしれません。

念のため解説しておきますと、合コンとは合同コンパを略した言葉になり、コンパとは、仲間と親睦を深めるために行う飲み会の事を指します。
一般的にくだいて言えば、男性と女性が出会いを求めて参加する飲み会の事を言います。

婚活的な合コンとなると、結婚したいと思っている男女が出会いを求めて参加する飲み会といった意味になる事が多いです。

一般的な合コンであれば、多くは3対3や4対4の男女で行われます。
主催者でもある幹事が男性と女性に1人ずついて、その幹事の友人や知人を呼び、それぞれに紹介して皆で飲み会を開くといったかたちで進行していきます。

あまり婚活的な合コンをサービス化している企業は多くありません。
むしろ、合コンは一般的には自分の友人や知人、同僚などを通じて開かれる事が多くなります。

合コンで婚活するメリットとは

では合コンを使った婚活についてのメリットを見て行きましょう。

やはり手軽さという点では随一

合コンのメリットと言えば、やはり何よりもまず手軽に始められる点が挙げられます。
いわゆる飲み会として行うものになるため、そこまで畏まらなくても大丈夫な点です。

お見合いパーティーや結婚相談所のように、提出書類などがあるわけでもなく、ただ飲み会に参加するという気軽さはやはりメリットと言えます。

そもそもが知人経由で開かれる事も多いため、わりとフランクに行われやすくなっています。

金銭的負担も度を超さなければ負担は少ない

合コンは費用が抑えられる点も大きなメリットと言えます。
毎週のように合コンを繰り返して婚活をするなら別ですが、いわゆる飲み会的なものですから、1回の参加あたりの費用は比較的安くすみます。

選ぶ店などにもよりますが、そこまでお酒と料理にこだわらなければ、参加者全員1人3,000円未満で済ます事もできます。
最近では合コン向けのメニューなども用意されているところも多く、飲み放題+料理8品などで1人3,000円といったお店も多く存在しています。

コンセプトがしっかりした婚活向けパーティーや結婚相談所と違って、入会金などは当然ありません。
一度の参加で一万円以上のお金が必要という事は基本的にないため、金銭的に見るとメリットは大きいと言えます。

自分好みの相手に出会える可能性

ただの合コンであれば、意味がありませんが、名目として婚活合コンであれば、そういった結婚を意識した出会いを求めている方同士を紹介するようになります。

主催者という名の幹事が主体となってメンバーを集めていきますが、既婚者でない、特定の相手がいない人同士を紹介し合う形というのが原則となります。
また、主催者は自分の知人という場合も多いため、自分の好みや性格などを多少は知っているため、そういった方がいる婚活合コンの場合、積極的に声を掛けてくれる可能性が高まります。

主催者は幹事として、どういった人を招待するかの連絡を取り合います。
仮に大人しめの友人が参加する場合、アグレッシブすぎる軽めな人が参加しそうなら、多分合わないから違う相手がいいよなどと参加する人を相談し合う事ができます。

そのため、多少は自分の性格や好みに合わせてくれた相手を紹介してもらえる可能性があります。

合コンで婚活するデメリット

一方、デメリットもあります。
メリットの裏返しはデメリットと言える事でもあり、やはり合コンだからこそといえるものがデメリットとしては挙げられます。

独身の保証も特定の相手がいない保証も何もない

あくまでも婚活という名目での合コンではあっても、それを保証してくれるわけではありません。
幹事同士で連絡を取って参加者を決めるとしても、全員が知り合いではない可能性も十分にあります。

合コンなどではよくある事の1つとして、参加者が主催者の友人だけとは限らない場合があります。
日程的な都合などもあり、良い参加者が見つからない場合は、幹事の友人の同僚が参加するといったパターンで開かれる合コンも多々あります。

そういった場合、本当にその人が結婚したかったり、婚活しているかなどは全く未知数になります。
場合によっては、ただ人数不足で既婚者が独身者の振りをして頭数合わせで参加しているといった事も可能性としては十分ありえます。

また、合コンは基本的には性善説で開かれます。
参加者が、独身や特定の相手が今いないという事を必ず保証するものは何1つありませんので注意が必要です。

結婚の意識レベルが人によって大きく異なる

自分が仮に本気で結婚したいと思って婚活をしに合コンに参加したとしても、全員があなたと同じテンションとは限りません。

婚活合コンとしての名目であっても、結婚はいつかしたいとおもってるよ。そのためのいい人がいたらキープ!的なスタンスで参加する人も必ずいます。

そうなると、良い出会いがあっても、あなたからしてみれば本気なの?と思いますし、相手からしてみてもなんか重い…となってしまいかねません。
合コンではこういった意識度の違いもデメリットとなり得ます。

友人や知人をまきこむためトラブルが起こると面倒

合コンは手軽さがメリットですが、開催には友人や知人が関係する事が多いです。
幹事が知人や友人をあたって招待していきますから、参加すると、そこに知り合いは1人もいないという合コンは基本的にまずあり得ません。

多くの合コンは、参加者の誰かは必ずと言っていいほど別の参加者の友人や同僚など繋がりがある人です。

そのため、出会った人は紹介してくれた人の友人だったり、親友だったり同僚だったりといったパターンもあります。
何か揉めたりトラブルが起きたりうまくいかなかった時、友人や知人を巻き込んでの騒動になる可能性もゼロではないのです。

うまく言ってる時は友人知人経由だからこそラクなことも、一転してトラブルが起きた時には友人知人も巻き込む可能性がある事は覚えておきましょう。

結婚まで成功した時に馴れ初めが合コンだとバレる

これは人によりけりかもしれませんが、合コンで知り合って結婚した場合、当然その時の幹事や知人はあなたたち2人が合コンで出会ったという事を知っています。

ですから、合コン経由で知り合ったという事を隠そうと思っても難しくなります。
特に結婚式などで、出会いのきっかけが語られたりする事や、親族への出会いのきっかけなどを話す時、どうしても難しくなってしまいます。

嘘や濁して、友人の紹介で知り合ったと言ったとしても、周りには合コンだよね?とバレてしまう可能性が非常に高いです。

そういった事は全然気にならないという場合は問題ありませんが、親族などにそういった合コン経由での出会いと知られたくない場合、なかなかごまかすのが難しいところがあります。

合コンで婚活するならどんな人に向いているか

やはり合コンという言葉のイメージからもライトな婚活をまず始めたいと思っている方に最適です。

どちらかというと結婚を早くしたいと本気度モードの人よりも、そろそろ婚活しないといけないかなと考えているような、比較的年齢が若い方に向いています。

自分が合コンを主催するにしろ、幹事から呼ばれるにしろ、友人知人をあたる必要性があります。
そのため、平均以上の社会性の高さや交流の広さがある人でないと、会を開く事はおろか、そもそもそういった合コンに招待されないという可能性もあります。

また、合コンは3対3や4対4と比較的小規模で開かれる事が多いです。
そのため、ある程度の積極性や空気を読む力、コミュニケーション能力がないとおよそ2時間の間、空気と化してしまったり、相手にされないという可能性も十分あります。

合コンは性格上、合う人には良いですが、合わない人には徹底的に合わないと言えます。

やはり合コンはまだまだ婚活というよりは、もう1つ手前の恋活として使われる事が多いのが合コンです。
新しい出会いが簡単に作れるというメリットも大きいですが、婚活として使う場合は遊び目的じゃないか結婚を意識している人なのかどうかなど見極める事も必要です。

とはいえ、人の輪を広げる事ができますし、自分を客観視してみたり、周りからどういう風に見られたり思われているのかといった、一種の市場価値的なものが出来る場でもあります。

昔であれば合コンと言えばただの遊び的なイメージが強かったですが、今では合コンで出会って結婚という夫婦もたくさんいますので、自分には合いそうだと思ったらぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

管理人からの一言メッセージ

まだまだ合コンと言えば、出会いの場というイメージが強いかもしれません。
書いている私自身も、まだあまり合コンが婚活というイメージはそこまで持ちません。

どちらかと言えば、合コンで婚活というより、たまたま合コンで知り合った人が良い人で結婚まで辿り着いたという方がしっくりきます。

合コンで婚活だ!という意識よりも、良い出会いがあればいいな。くらいの少しライトな気持ちの方がうまくいくと言えます。
今では合コンもお店側がメニューとして用意してくれてたりするので、価格も非常に安く抑えられるようになっています。

自分が初対面の異性からどういう風に見られているのかなどを判断できる場でもありますし、合コンが苦手、人見知りで…といった方でなければ、少し参加して違う風や視点を変えるきっかけなど掴めるかもしれませんので、そういう声が掛かった時には参加してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめの記事

データマッチング型の結婚相談所の特徴とメリット・デメリット
婚活サービスの中でも、人気が高いのが結婚相談所です。 しかし、そんな結婚相談所も今では、大きなくくりで言えば、2種類に分けられます。 それが、「データマッチング型」と「仲人型」と ...

婚活の種類「共通の趣味参加型の婚活パーティー」の特徴やメリット・デメリット
昔と違い、今では色々な婚活サービスが生まれています。 特に最近で人気が高く満足度も上がってきている1つが、今回紹介する共通の趣味を持った人のみが参加する婚活パーティーになります。 ...

婚活の種類「仲人型の結婚相談所」専任サポートが付く特徴やメリット・デメリット
婚活という言葉が認知され知名度を上げ、今では様々なサービスが生まれてきました。 一言で「婚活」と言っても、実際には多種多様なサービスが生まれているため、今では一言で表すのが難しく ...

婚活の種類「街コン」- 出会いが多いなどの特徴とメリット・デメリット
街コンはこの数年で一気に人気が広がり、今では全国各地で開かれているほど、一般的になった婚活の手段の1つです。 街コンもどちらかと言えば婚活というより、恋活に近いかもしれません ...

婚活の種類「フリースタイル型・婚活パーティー」の特徴とメリット・デメリット
婚活の種類のテーマで解説してきていますが、今回は「フリースタイル型」の婚活パーティーについて解説してみたいと思います。 このフリースタイル型の婚活パーティーは、今では一般的と ...


Page Top