婚活するならまずはこれが大切です
相手に求める条件の優先順位を把握しておこう

婚活は、きれい事だけではうまくいきません。
結婚相手を探すという事は、少なからず相手に求める部分というところが出てきます。

相手に何を求めるかが非常に大事な要素になってくるのは間違いないのですが、相手に多くの条件を求め、期待してしまうことはよくある事です。

もちろん、あまりに多くを求めすぎてしまう事は、良いこととは言えません。
ですが、相手に求めるものが無いという事はありませんし、また相手に求める条件が定まっていないというのもまた大きな問題です。

自分が相手に求めている条件をしっかりと明確にして、優先順位を付けることはとても大切なことです。
自分の気持ちや感情、何を大事としていて、何を特に必要としていないのかといった事を整理しておきましょう。

優先順位はどう付けていけば良いのか

相手に求める条件の優先順位と言われても、いきなりですと、何をどうやって…何を基準にしていけば良いのか…と手が進まない方も多くいます。

そんな時は、まずは自分が相手に求める条件を、手当たり次第に好きなだけ思いつくだけ、箇条書きにしてみてましょう。

もしあなたが女性であれば、多くの人がパッと思いつきやすいものとして、下記のようなものが挙げられます。

  • 年収
  • 貯金・貯蓄
  • 勤務先・職業
  • 転勤の有無
  • 顔の好み
  • 性格
  • 長男かどうか
  • 喫煙の有無
  • 飲酒の頻度
  • 共働きを受け入れてくれるか
  • 家事の手伝いレベル
  • 子どもは好きか
  • ギャンブルなど
  • 姑や義家族との同居

一方、男性であれば、下記のようなものが挙げられます。

  • 顔の好み
  • 家事能力
  • 性格
  • スタイル
  • 喫煙の有無
  • お酒の頻度
  • 専業・兼業のどちらを希望か
  • お金の管理を任せられるか
  • 年収
  • 職業

などなど、代表的なものだけでもこれだけ出てきます。

まずは思いついたものを一切削らずに書き出す事が大事

この洗い出しの時に大事なのが、まずは削らない事です。
これはいらないかなーと思ったりしても、この時は削ったりせず、とにかく「あ、これも」と思った事は全て書き出す事が大事です。

もしかしたら、逆に思いついたり書いている時には、どの条件も外すことのできない必須条件であると感じているかも知れません。
しかし、色々な条件が上がったとしても、どちらをより優先して大事にするか、といういわゆる優先順位的なものを付ける事ができ、自分の中で整理できるようになります。

優先順位を付けることで、自分にとって「絶対に譲れない」と感じていることや自分にとって、実はそれほど重要ではなかった条件というのが整理できたり、改めて色々と気付くことができるのです。

その中で何が一番大事なのかを考える

自分で付けた優先順位は何度変えても構いません。
合う人や婚活の様々な経験を経て、色々と価値観や考え方も変わるという事もあります。

最終的に、その条件の中で上位に来た条件が自分にとって目標とする婚活相手の姿となります。

人間誰しも求めてしまいがちです。
しかしながら、求めだしたらそこにはキリがありません。

顔は抜群で自分好み、スタイル抜群、料理もプロ級、掃除も完璧、お金持ち、性格抜群、相性も抜群、子ども大好き、親を大事にする、などなどそんな人いたら全員が結婚したいと思うわけで、現実はそんなに甘くありません。

自分は相手とどのような人生を歩んでいくつもりなのか、自分と相手の仕事はどうするのか、子どもの事をどう考えているのか、住む場所や将来設計などはどうしているのか。
考えていけばいくほど、求める条件というのは人によって様々です。

結婚はゴールではなく、そこで終わり完結するものではありません。
その後も生活は続いていきますし、相手は人生のパートナーでもあるわけです。

あとで「もっと他にいい人がいたかも知れない」「あの条件を付けておけば」と後悔しない為にも、自分にとって何が大事なのかということをしっかりと考えて優先順位を付ける必要があります。

条件を縛りすぎたりガチガチに固めないようにする

条件を出していったり、優先順位を決めていく時、あまりガチガチに縛らないのも大事です。

極端な話をすると、例えば年収は絶対に500万円以上じゃないと嫌だ!という条件で進めていってしまっていた場合、年収490万円で他の条件は全て自分好みだったという場合、この人と出会えないという可能性が出てきます。

もちろん、タバコや酒といったような主に2択の選択肢であれば問題ありませんが、年齢や年収といった条件は、特定の数値で区切るとそこにギリギリ足りないと条件外となってしまうため注意も必要です。

年齢や収入面などを条件化するときは、だいたい年収500万円といったような少し曖昧な感じで、幅を持たせておくと良いかもしれません。

色々と考えた上で、最終的に判断することが大事

どれも重要で外せない条件が多くても、優先順位をつけることで自分の中で心の整理を付けることができるはずです。

そして、もちろん自分で決めた条件に縛られ過ぎてしまっては、折角の出会いのチャンスを逃してしまうこともありえます。

しかしある程度の条件を絞ることで、自分に最適な婚活の場を探すことができますし、無駄な出会いを無くしていく事にも繋がります。

異性に求める条件に優先順位を付けることで、最終的に「自分がどのような条件を求めていて、どういった婚活スタイルが合うのか」を知ることもできるのです。

いきなり出会いを求めて闇雲に探し始めるのではなく、しっかり自分自身がどういった人を求めて、何を大事と考えて、何はそこまで大事ではないかを把握した上で、どういった人と出会いたいと考えているのか、それに合わせた最適な婚活をしていくのが成婚への道でもあるのです。

管理人からの一言メッセージ

条件というとついついモノのような感じがしてしまい嫌がってしまう人もいるのですが、やはり婚活には相手への条件が必須でもあります。

女性なら年収から入る方が多く、男性なら年齢から入る方が多いです。
しかし、その後の細かいところまではあまり考えていない方が多く、共働き、家事や専業・兼業、子育てについて、それぞれの親についてなどの条件は全く考えていない人がほとんどです。

細かく条件を付けすぎると逆に相手がいないとなりかねませんから、そのあたりは上手く調整が必要ですが、自分の中で何を大事としているのかというのを改めて考える良い機会にもなります。

相手の年収や年代、顔やスタイル、家族構成など基本的なところから、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめの記事

婚活の成功のためには自分で考えて自分で行動する事が大切になる
婚活サービスを利用するにあたって、やはりその前の心構えというのが非常に大切です。 気持ちがしっかり伴っていないままサービスを利用したとしても、準備ができていないまま本番を迎えるよ ...

婚活では相手に求める条件が理想を追いすぎたり高望みしすぎない事が大事
誰かと結婚をしようと思った時、どんな条件でもどんな人でも良いという人はいません。 少なからず、相手に対して求めること、こうあって欲しいといった「要望」「願望」などがあります。 ...

婚活はゴールでもなく依存でもなくただのスタートであると認識する
婚活と言えば、将来の結婚相手を探すための“手段”の1つです。 婚活をする多くの人が勘違いしていることとして、「婚活をすれば結婚できる」という考えがあります。 もちろんこれが ...

婚活では自分を良く見せようと偽りすぎない事が大事
婚活は相手あってで、自分だけでどうにかできるものではありません。 そのため、自分の事をどう相手に知って貰うかというのはとても大切になってきます。 婚活パーティーにしろ、結婚 ...

婚活を始めればすぐに簡単に結婚できると思ってはいけない
多くの人が勘違いすることでもありますが、恋愛と結婚はまた別物です。 「美男・美女」だから、すぐに、そして簡単に結婚できるとは限りません。 もちろん、恋愛やデートをするという ...


Page Top